情報弱者は損をしている。

SNSと民泊「青い山脈」

で青春を謳歌するジージこと

Michiosunagawaです。

その①情報弱者は損をしている。

皆さんはワープロの出現の時代を

覚えていますか?

タイプライターみたいに日本語を

タイプで打つ機能には、

驚いたものです。

手で書く文章よりは、

格段にスピードアップして、

大変驚いた感じをしたのです。

ワープロのかけない使えない

職場の先輩は、次々に勧奨退職

していきました。

退職金も高く年金もそれなりに

あったので先輩たちは職場を

離れることができたのだが。

後輩たちがワープロで報告書を

早く書くので先輩の出番が

なくなったということのようです。

それから間もなくして、パソコン

なるものが出てきました。

僕はワープロが得意でしたので、

このパソコンがすぐ使えるものと

思いましたが、ワープロとは全く違って

おり、本当に使いこなすのに苦労しました。

その後、携帯電話がiPhoneと移り変わり

機能もつぎつぎと、めまぐるしく進化してきました。

ガラ系からiPhoneの使いは、これまた全く

使い勝手がわずらしく、未だに中高年の

者はガラ系のままのようですが、

これではいけないと果敢に挑戦している

者もおり、結果として果実を得ているようですが、

これは、まだほんの一部のです。

さて、カードでの買物のポイントを貯めて、

別の商品や現金にも変えるという裏ワザも

出て来て、俄然様相が変わって来ました。

基本的なことですが、カードで

キャッシングする意味について説明します。

カード会社は、買物の代金を分割払い

してもらえば、12%以上の金利貸付で

儲かる仕組みです。

そんなことを広告すればカードローン

が怖くて、加入するお客さんは少ないので

一括支払いのお客さんには使用料

ただで良いと誘うわけです。

いずれか金づまりになれば、

支払いが一括払いから自動的に

借金して支払ってもらうことを

期待するわけです。

金利が発生するからです。

ーーーーーーーーー

これをグーグルで検索したベストな回答はコレ

ーーー
10万円のものを毎月1万円返していて、

単純に考えれば10ヶ月かかりますよね?

ところが次の月にまた10万円使うとあら不思議。

そうすると今度は19ヶ月かかります(笑)

その間にどんどん金利を払い続けるので、

返し終えた頃には20万円を遥かに超える金額を

払っている事になるわけです。
これがカード会社の儲け方です。

ーーーーーーーーーーー

という回答をグーグル検索で分かります。

質問すればするほど賢くなるという

ことですね。

分割払いをリボ払いと呼び名を

変える企業の狡猾には、自分

ながら驚きです。

わからないことは、iPhoneで

グーグル検索すれば、今更聞けない

ことでも丁寧に教えてくれるのです。

ガラ系ではデキナイのです。

これが情報格差です。

きっぱり

キッパリ

これで、普通に現金で買物

している人と現金ではなく

ネットやカードで買物や

支払いをして丁寧にポイント

を貯めて、活用している

人との差は、大きいのです。

大きいのです。

大きい。

それでは巷のように、カードを

利用してポイントをちまちま

貯めていれば良いかというと

また、裏ワザというか、

倍々にポイントを

増やせていける方法が

あるというのです。

正当な方法で。

あるんですね〜。

(じゃらんネット沖縄市で検索)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中