中高年でも直ぐにできる民泊体現者のmichiosunagawaです。

その12 遅咲きの実業家に想いを馳せる。

🔵サンエーの創業者、故折田喜作氏の物語

サンエーの創業者は、宮古島で50歳近くまで

商売をしていた折田喜作という方だ。

沖縄復帰の時、宮古島から沖縄本島に打って出た

遅咲きの人だ。

彼との面識はなく小学生の頃通りすがりに商売を

しているおっさんがいるという程度の印象だが、

その後、妻と結婚して遠い親戚にあたるという

ことを知り興味を持つようになった。

縁者から彼のエピソードをよく聞く。

印象深いのは当時破竹の勢いのダイエーが沖縄に

進出したら沖縄の小売業は壊滅だという危機感のなか、

折田氏は常日頃から師事のある竹村健一

(くわえパイプのTV評論家)氏にアドバイスを

受けていたとのこと。竹村氏の、蟻も巨像を倒すの

名言を受け、ダイエーの周辺をサンエーの小売店で

取り囲む戦略により、結果的に平成15年にダイエーは、

つぶれた。

私は、つい最近まで廃墟となったダイエーの敷地を

散歩がてら通るたびに、このエピソードをおもいだす。

この広大な敷地はイオングループが買い受け、

更地にして、マンションを建設している。

さて、創業者の折田氏は、東京で受けられる

サービスは沖縄でも同じであるべきで

なければならないという信念の下、

従業員のための教育施設をいちはやく設立し、

他の同業者にも少なからず影響を与えた人物であった。

今回、イオンモールの駐車場の造りが、中高年には

不便だと思ったので、このサンエーの理念を

思い出し紹介したものだ。

🔵サンエーの駐車場の造りの戦略

沖縄の気候は暑くスコールが頻繁で、

そのうえ県民は歩くより店先まで車を

横付けする習慣がある。

折田氏は県民が望む事を実現することにこだわり、

莫大なコストを敢えて承知のうえ、

沖縄風の駐車場施設を作ることにこだわったが、

役員はコストを嫌がり反対であった。

折田氏は、全店舗にその理念を押し切ったとのこと。

その結果、県民はサンエーに車で乗り付け買い物を

楽しみ繁盛している。

他県にはない駐車場の配置だが、

イオンの駐車場が巨大がゆえに県民の特性を

どの程度知り、営業売り上げに影響を

及ぼすかについて、そのとき、気になった次第である。

因みに、亜熱帯気候のアジアの駐車場の造りは

どうなっているだろうか。

興味があるところである。

プロに任す

中高年でも直ぐにできる民泊体現者

のmichiosunagawaです。

その11、プロに任す

写真撮影をプロにお願いした。

三時間で三万円だ。

三日後には送信されてきた。

ダウンロードに手間取ったが、

なんとかできた。

さすがに素人の僕が撮る写真とは、

大違いだ。

今日までにFacebook、Facebookページ、

Instagram、Twitter、LINEのカバー写真を

全て変えた。

ほどなく年末ではあるが、台湾から

4泊48000円の宿泊予約が入ってきた。

プロにお願いした写真代のもとはとれた。

出来映えのいい写真は、今後とも客を

引っ張ってくる。

ありがたいものだ。

これに加えて、宿泊客のクチコミや

SNSの発信よる効果も期待される?

情報発信者の第一歩を踏み出した

気がする?

素人の僕が、3年かかってたどり着いた

が、スタートの第一歩をまさに踏み出す

という気持ちである。

外では大荒の台風が吹き荒れている中、

静かな部屋でこの文章を発信している

僕を台風までもが、応援している

ような気がする今日この頃だ。

粘りと継続は力なりとはよくいった

ものではあるが、苦労は人知れずあるも

その苦労の中に何らかの達成感という

喜びを見いだせたからこそ、


継続出来た

のではないだろうか?

苦労と言われる中に、喜びを見いだせる

ことが継続できる鍵ではないでしょうか?

髪結いの亭主が広告を考える。

://aoisanmyaku.wordpress.com
中高年でも直ぐにできる民泊体現者

のmichiosunagawaです。

その10髪結いの亭主が広告について考えること

広告は、今やネットが安価な媒体として

利用されてきている。

かといって従来のチラシでの広告も有効で

あることは言うまでもない。

髪結いの亭主が直ぐに思い付くことは、

女の力を借りることだ。

美容室とカラオケ教室に写真のような

コンドミニアム青い山脈の広告を張ることを思い付き、早速作成した。

それから来年の2月中旬の沖縄マラソン大会前日は、県総合運動場公園に近いという条件を加味して、宿泊値段をそれなりに設定したところ、まもなくして台湾から4人での宿泊予約が入った。

おそらく大会に出場する予定の方の宿泊と思われ、将来リピーターとして期待される。airbnb,booking.comを見よう見まねでやりはじめて一月なろうとしている。

予約を焦って格安で設定すると設定の誤り等、信じられない超安値で予約されてしまった。

それでも家賃以上の売上と適正と思われる値段に予約が入ってくる。上々のできではないか?

一喜一憂しない、諦めない、粘りと継続が肝心だと言い聞かせる。様々な苦い経験が今後活きてくるはずだ。

ネット広告で世界中の方を呼び込むのもいいが、先ずは地元の方からの信用を得るのも大事ではないかと思う。

さて、この貼り紙の効果は如何程のものとなるのだろうか?今後の楽しみだ。カレンダーの格言「種子を蒔かねば実はならぬ」をしみじみと噛みしめる。

Booking.com登録でどたばたした。

~中高年でも直ぐにできる民泊体現者

 

のmichiosunagawaです。~

http//:www.aoisanmyaku.wordpress.com

その9 カレンダーを同期する。
昨日は、カレンダー同期のトラブルで

どたばたしたものだ。
金額のうち間違いから、半年先まで

安値で予約されてしまった。

こちらからキャンセルできない
仕組みだ。

そういうことがあっても、僕は

ネットは危険だとして敬遠することは

ない。
むしろ、こういう経験をして、賢く

立回り、ネットの優位性を最大限

活用できるはずだ。
2000円から8000円、12000円と

予約設定し直したところ、2件の

予約が決まった。
最初は、可能な限り値段を落として

成約をあせるのだが、システムの

扱いが不馴れのところは、はじめは
高い値段を設定してから、こういう

間違いが起こらないようにすれば

良いという知恵もついた。
ところで、韓国人宿泊客がトイレット

ペーパーを流すことなく、ゴミ箱に

使用済みを捨てていたが、何でだろう。
あそこでは、紙の質が悪くてトイレに

流すと詰まるからなのだろうか。

妻がとても不思議がっていた。
いずれ、知ることになると思うのだが?

不思議。

 ~中高年でも直ぐにできる民泊体現者

のmichiosunagawaです。~

http//:www.aoisanmyaku.wordpress.com

その8 カレンダーを同期する。

頭のなかで、airbnbの他のサイトでも

広告はうてないのかなあと考えるのは、

当然だ。

問題は、予約が被ることだ。

検索した。

あ–やっぱりあるんだ?

僕の頭に浮かんでくるアイディアは、

既に4次元の世界では実現している。

Booking.comか?

先ずは登録して、同期の仕方は、、

これは僕には難しいなあ。

後で、息子にお願いしようという

ことで画面を閉じた。

翌日、Booking.comから電話がきた。

はや、何か不都合なことになったかと

思いきや、営業開始の督促だ?

カレンダー同期ができてから

デビューすることを伝えたら、

僕のスマホの仕様にできるよう

画面設定をしておくとのこと。

また、手動でカレンダーの

同期もできるとのこと。

ということで昨晩、一人

最低2000円で設定した。

朝の5時にメールを見たら

11月と2月に3件の日本人予約が

入っていた。

airbnbの宿泊日と被らないように

予約設定を完了した。

一晩で予約が埋まるとは、凄い。

落ち着いて金額を見ると

4名一泊で2000円?

あれ、あれ、れ、、、

失敗した。

😵💧

8000円だろうが。

直ぐに金額を打ち直した。

この😵💧は、妻には

内緒だが、カレンダーの

同期も手動でできることも

体得できた。

失敗は、

授業料と思えば良い。

しかし、痛いな⁉


airbnbが格安金額を提示する訳とは

中高年でも直ぐにできる民泊体現者

のmichiosunagawaです。

その7~airbnbが格安金額を提示する訳とは~

http//:www.aoisannmyaku.wordpress.com

ホストとしてairbnbを利用した方のブログ

を読んだことがある。

途中、周囲の宿泊金額の統計に基づき

最適な金額をホストに提示してくるとのこと。

それで、採算が合わないということで

撤退し、自前のブログ発信に切り替えたと。

そのときは、民泊をしていなかったので

実感出来なかったが、確かに格安の値段を

提示してくる。

え、僕のシステムの利用が間違っているの

と思う金額だ。

向こう3月で、この料金でいくとは、あてが

外れた、その訳を考えた。

僕の提供する部屋の価値が定まっていない

ことだ?

もしかしたら、宿泊客からすれば値段の割に

思ったよりボロかもしれない。

もしくは、少々高くても泊まりたいと思う

かもしれない?

そういう評価額が出揃うまでは、数多く

宿泊させないと仕方ない⁉

結果は、今は判らない。

現在進行形だから。

ただ、結果が出ないから、直ぐに

僕は諦めない。

何故なら、成功者の哲学に粘りこそが

成功の秘訣であることを、フェイスブックの

仲間から学んだから‼

続く

中高年でも直ぐにできる民泊体現者 のmichiosunagawaです。その6販売機

http//:www.aoisanmyaku.wordpress.com

販売機
理容店で見かける販売機、これからは
過去のものとなるのだろうか?
お客様が
代金未払い、従業員の現金抜き取り防止と
いう理由で存在価値があるようだ。
しかし、最近ポイント好きの僕としては、
こういう支払いに割引がもらえないことで
腹が立つのだ。
できるだけ利用はしたくないのだが。
この気持ちは僕だけではないはずだが、
どうだろうか?
中国では、現金での買い物はカードよりも
携帯をかざして決済するのが一般的らしい。
これで決済できるのが信用の証しでもある。
既に、無人コンビニエンスも登場しているとの
こと。
来日する中国人は、日本は決済方法では
遅れていると密かに優越感を持つはずだ。
日本は、電話、銀行システムと旧来の
ハードが充実したために、それほど
不便を感じない。
その結果が逆にiT進歩に追い付いて
いってないようだ。

この招待リンクからAirbnbに登録すると、初回旅行¥ 3,500オフクーポンがもらえます: https://www.airbnb.jp/c/michios5?s=0