ホテル

民泊を始めてから、グラバー邸近くに

ある有名な長崎のホテルに泊まって思ったこと

これまでホテルに泊まるとき、部屋の

綺麗なことと値段が気になるところであったが、

我がコンドミニアム青い山脈を経営してから

今回、ホテルの経営と客としての両方の立場から

見ることができ面白かった。

ホテルに到着して、従業員が多いなあと

感じた。この人件費では宿泊費が高いのは

一目瞭然だ。当たり前だが。

部屋の作りも高級感を演出しているが、

考えてみれば、多少建築費が高くても

20年以上提供できるのだから、直ぐに

ペイできるはずだ。

客として見ると、部屋が狭く感じて

外の風景は見えるも、なんとなく

部屋に押し込まれた感じがある。

ホテルでは朝食以外は利用する

気は起きない。値段が高いのも

あるが。

民泊に自炊と部屋の広さ、開放感に

料金が安いと宿泊客が知ることになれば

ホテル業は、苦戦するかも。

次回からは民泊を利用して、

また新たな発見をしたいものだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中