情報発信の強みとは?

情報発信の強みとは?
最近、本当に自分の仕事のスピード感に驚く。
仕事の依頼である方に会う約束をする場合、
多忙な日程の調整には、電話では、

時間がかかるものだ。
ところが、幸いにラインの繋がりから、
未だ会ったことのない間柄でも用件が会えば、
その場で連絡調整できる。
ここ最近、電話でしか業務連絡できない同じ年代の
仲間からの電話は、うっとうしく思うのだ。
電話はいきなりかかってくるし、大事な連絡は
メモしなければならない。
一方、ラインは、e-メールの操作ができなくても
正確に日時用件を記録して送られてくるので、
後でも確認できるのだ。
但し、ラインで送付された場合には、
すぐにでも返信出来るように設定しておく
ことが必要であるのだが?
何れにしても、常日頃から情報発信の
必要性を感じながら、
スマホに接するとそうでないものとの
違いは歴然だ。
スマホの進歩のスピードには、いつも
驚かされる。
現在、僕の民泊では、現金での支払いだが、
カード支払いを要望するゲストはまれだ。
この時代に逆行する制度が支持される
理由を僕なりに考えてみた。
一つは、カード決済は、日本の場合、
20%、中国、韓国が50%だという。
いずれ浸透するのは時間の問題だが、
半数以上は、いまだに現金支払いだ。
他には、カード情報の流失を警戒する
顧客もいると思う。
それと、何らかの理由でカード発行を
受けられていないかたもいるはずだ。
何れにしても、時代は確実に
キャッシュレスに移行している。
僕の民泊でもカード決済の導入を
検討しているのだが、今般みずほ
銀行で中国の大手アリババと連携して
インバウンド客でも日本で決済できる
仮想電子通貨を手数料を低くして
始めるというのだ。
イメージとしては、宿泊客がスマホを
僕の目の前でQ.Rコードにかざして決済
するという仕組みだ。
カードはいらない、スマホさえあれば良い、
即ち個人でも起業しやすくなったという
時代の到来だ。
公衆電話のようにカードもカード会社も過去の
遺物になっていくのが、見えてくる
近未来だ。
情報発信者の強みは、いち速く時代の先を
読み取る情報に触れて迅速な対応ができる
ことになる。情報格差、今後ひらくばかりだ。
僕は、宮古島に生まれ高校生まで育った。
宮古島を出て沖縄本島にうってでた先輩達は
ほとんどが成功を収めている。
一方、島に残って親から譲った農地で
農業を営んだものには、大きな変化は
見られなかった。
この差について考察してみる。
島で大きく成功できない要因は、経済規模
があげられることの他に、事業にチャレンジできる
チャンスが少ないということだろう。
チャンスが少ないということは、即ち、得られる
情報も少ないということだ。
情報が少ないことを補ったのは、
唯一学校教育だったかもしれないが、
それは、本土と同じ土俵に上がっただけで、
生の経済の情報は東京の方が圧倒的で
チャンスに満ち溢れた社会であって
失敗でも何度もチャレンジできたのだが、
宮古島ではそういう機会は少ない。
ところがネットは、この地理的ハンディを
撃ち破るツールとなって出現した。
三年前に、このツールを生かしたある事実に
驚いたことがある。
それは、北欧30代の女性が沖縄のリゾート地で
働き、不法滞在で捕まったのだが、
流暢に話す日本語は、インターネットで独学で
学んだという。
学校に行かなくても学べる時代なのだと
いうことを実感した。
あれから3年たった。
ようやくスマホの扱いができ
情報発信が出来るようになり、それに
連れて、最新の情報も分かる、よめる
ようになったものだ。
仮想通貨ビットコインについても
あれは、賭博、投機、ゼロサムゲーム
と冷静に判断できる。
案の定、バブル崩壊だ。
さて、話は戻って、これからは
必ずしも塾にいって学ぶことはなく、
むしろ、最新情報での勉強がスマホから
びしばし入ってくる。
学習塾も流行らないことが見えてくる。
情報発信するということは、
情報も入ってくると言うことに
繋がるものだ。
3年からのフェイスブックの仲間と
久しぶりに沖縄で会う約束だ。
フェイスブック発信では、
詳しく分からないことを
教えてもらえることに
今からわくわくしている。
勿論、沖縄の仲間もだ。

ダイエットのため入会しました。

コンドミニアム青い山脈から徒歩🚶5分で24時間フィットネスが利用できる。会員必見ですね🎵

JOYFIT24泡瀬のココが良い

https://t.co/n66MGFFJPa

、、、、

ここでも入会手続きは、スマホだ。

受付嬢が、僕がスマホでポチポチと入会手続きするのを見て、驚いた👀‼

あなたが始めてです。一度も間違えることなく入力される方は?😍と、

そう僕は、この年でもスマホ達人なのだと変な優越感を味わったのだ。

ジムで汗を流すのは若者ばかりだ。そうだろう、スマホでポチポチと入会手続きをさせられたら苦手の中高年は、たまらんが。

それでも自宅から5分は近い。しかも24時間利用できるとは🎵ダイエット頑張ろう😃

「ポチポチとiPhoneを打っての営業努力」

Booking.comやairbnbサイトに載せた自己物件の広告や需要に応じた値段の設定は大事だ。
最初に提示した物件の広告の見直しとして、顧客のニーズ、分析を常に行うことは当たり前だが、一度、入力した情報をこまめに再点検することはとても大切だ。
入力当時は、これはいいのではないかとオフ設定してあるところが、集客に重要なキーワードであったりする。
「ポチポチとiPhoneを打っての営業努力」と書いたわけは、1月の初旬は宿泊予約が全くないことから、思いきって値段を落とした上で、予約を直前まで受け付ける、或いは予約前質問を受け付けるに変更した。
予約システムの全容を全て把握しているわけでないので、その都度入力システムを見直している。
その結果、直前予約が三件も入ってきた。
宿泊費は落としてあるが、空き部屋よりもよしとして判断した結果は良しだ。こういう顧客からのクチコミ評価やリピーターとしても期待できる。
「ポチポチとiPhoneを打っての営業努力」で収入アップできるのであれば、
不労取得と呼ばれても可笑しくない。それでも部屋の掃除やベットメーキングは、筋トレにもなり一応労働はしているつもりだが?
追伸
部屋の掃除やベットメーキングは、当初は大変だと思っていたが、作業の段取りを覚えれば、思ったより楽な作業だし、余力があれば他人にお願いすれば良いだけだ。
一応の掃除を終えての感想は、これでまた1万円入ってくるのかとサラリーマン時代の苦労と比較して不遜な想いが横切るのだが、サラリーマンの時は、苦労することにより人として成長させてくれたという感謝の気持ち
があるので、それはそれで感謝の心は持ち続けている。「ポチポチとiPhoneを打っての営業努力」は、頭脳による営業かな?

ハンモックの魅力

正月休みに孫につれられて、よく訪れる沖縄ライカムイオンモールに、
ハンモックが楽しめるという喫茶店に入った。
見た目が窮屈なハンモックに、実は一度も寝そべった経験がないのだ。
この店からは、中城湾が眺望でき、絶景地だ。この景勝を生かして高層マンションが林立しており、定かでないが、八代亜紀も購入したとのこと。客寄せパンダの商法の臭いもするのだが。
それはさておき、ハンモックというものに寝そべった。さぞや窮屈と思いきや、なんともリラックスできるのではないか。
海が眺められる場所が、より一層ハンモックの解放感を引き立ててくれるのではないか。
すぐさま、検索して値段を確認した。1マン弱、安い。
これはいい、これは僕の民泊の三階のベランダにちょうどよいと直感した。またひとつ、アイディアが湧いた正月休みのひとときであった。

昨年の5月は、民泊(簡易宿所)に挑戦し、自宅の改造等に100万円以上の資金を投じた。資金のやりくりと経験のないことの不安とプレッシャーは相当なものだった。
第一に消防署の許可がとれるか、あるいは設備費用はどのくらいかかるのかがわからないことと、築25年過ぎた物件にかかる設備費用も大きかった。加えてWi-Fiの電波の具合も悩ましかった。
晴れて開業となってもairbnb,bookingのサイトの活用による値段設定、海外との口座開設の設定も悩ましい。
更に、最後は宿泊費の設定が、これまた難しく混乱をきたしたものだ。
10月~12月までで、家賃の2倍はオフシーズンとはいえ好調のようだ。
2月は、近場の競技場で九州ブロック中学校テニス会の開催も後押しして、予約だけで4倍の収入が見込まれる。一方、3月は今のところ予約がないことから、本日から宿泊費を低めに押さて募集を始めた。
Booking.comのキャンセル率の高さには、驚いたが、結果として宿泊に一喜一憂することがなくなった。ケサラケサラだ。
国内の宿泊者の割合が9割から5割となり、韓国、台湾、タイ、カナダとインバウンドの割合が増えてきた。オフシーズンにインバウンドの来客は助かるし、今後インバウンドは増加していくと予測されており、心強いものだ。
さて、このネット世界では、民泊の最新情報は加熱気味の情報が飛び交っているが、僕の住むリアルの世界では、話題になることもなく無風だ。
無風だが、周辺には、僕みたいに果敢に挑戦しているのも見える。
100メートル先が民泊事情のゴールに例えれば、スタートの号砲がなったばかりであろう。
老後のためにアパートでも建てようかなあという、つい最近の僕の頭は、今では全く魅力のない投資であることを知った。
それと、民泊には立地条件が第一であることと、自ら物件を増やしていくという手段は、僕の年齢ではリスクがある。
日経電子版の今年の予想にAiは、将来iPhoneに変わる節目の元年であると予測している。
今の僕が民泊を行っていることで時間を費やすのが、予約の管理だ。
もうすでにAIでホテルの受け付け業務を行っているところもあるが、これをAIの人工知能にお願いできるシステムを活用したいものだ。
中高年が不動産を所有している割合が高く、これらのものはほとんどが自前ではairbnb等は活用できない。不動産業者は既にここに集中投資を始めているが、個人で行うことは身軽だし、リスクもなく信用が高めれば顧客は付いてくるはずだ。
ということで、僕の抱負はこれで決まりで、実行するのみだ。