所謂新法民泊とは?

ホテルとか宿泊業を営む者は、従来の旅館業法の規定により保健所と消防署の許可が必要である。

巷で民泊という表現は、そもそも許可されない住宅での違法営業を言っていることを指している。

馴染みのない方には、その理解に混乱を与えている!この許可出来ないところを規制緩和と一定の規制を加えたのが、6月から施行される新法で、行政法に言う許可よりは緩い届け出義務が必要となる。

許可よりは緩い届け出といったが実は、これは違法取締りの為の法律であると同時に利益のでないような仕組みであると専門官も指摘している。

大阪では、1万件が違法民泊で、在日外国人等がかかわっていることから厄介だ。最近の新聞で保健所、警察で本格的に取締とのことだ。

取締りの人員は限りがあり、そのためのoBの再雇用となるわけだ。それはどうでも良いことだが。

さて、新法の一番の問題点は、宿泊日が年180日を超えたらいけないことだ。
素人はここで儲からないということで二の足を踏むのだが、大手不動産業は違うのだ。

残りの180日を合法的に利益を出す事を以前から用意周到に準備している事は分かる。

しかし、個人業としては

そういう難しい新法で民泊をするよりは、従来の旅館業法、しかも一部規制緩和を活用した方がベターだ。

特に、沖縄はまだまだ許可のとれる場所があり、そのため保健所は大忙しとのこと。
そのなかで、先日の新聞では新法に基づく民泊を届け出は、数件であった。

新法でも届け出に該当しない物件が大半だということを示している。

昨年、宮古島にエアビーエンドビーを介して宿泊したのだが、

看板もなく、住宅密集地で明らかに保健所や消防署の許可が出るところでない。

それでも同じ様な新築建物が並ぶ。  

これだけの投資をして、大丈夫なのかと心配する。法律をクリアしたのか、誰のアドバイスでこんな危ない事業に踏み出すのか不思議に思った。

最近税理士と話す機会があり、僕が、違法民泊事業所は、捕まった後に7年に遡って税務署から追及されて大変ではないかと質問した。

ところが、税理士さんのいうには、彼らは税理士を通じて税金はキチッと申告しているから違法性は今のところないものとたかをくくっているようだ

税理士のおっしゃる通り納税義務を果たせば一番怖い税務署はクリア出来るのだが、営業の違法性については税理士の判断の範疇にはないということである。
中には拡大解釈して多額の投資をして、後に取締対象となり困ることになる。

過去のラブホテル投資がそうで、違法物件は売却しようにも売れないことになっている。僕が、以前に投稿した「相談する相手を間違えていませんか」という意味は、そういうことである。

ホテルの設計はプロの設計士がするが、彼らが最新の利益を叩き出す営業モデルについてアドバイスを受けるより、別の専門官に聞いたほうが良いということである。

税理士はあくまでも税理の専門であって経営者の経験は持ち合わせていないわけである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「第1回違法民泊対策関係省庁連絡会議」を開催します

民泊については、旅館業法の許可を得ずに実施されるいわゆる違法民泊が広がっている実態があります。

このため、関係省庁の連携の下に違法民泊の取締り等を徹底することを目指し、違法民泊対策関係省庁連絡会議を設置し、21日(月)に第1回違法民泊対策関係省庁連絡会議を開催することとしました。

1.開催日時:平成30年5月21日(月)14:00~15:00

2.場  所:経済産業省別館2階 238共用会議室

3.議題(予定):    (1)関係省庁連絡会議の設置について

(2)検討事項及び今後の進め方について

(3)その他

4.出席者(予定)厚生労働省大臣官房生活衛生・食品安全審議官、観光庁審議官厚生労働省・観光庁・警察庁等の担当課長

5.その他:

○当会議は、非公開とさせていただきますが、冒頭のみカメラ撮り可といたします。

○ご希望される方は、5月18日(金)16:00までに別紙取材申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込み下さい。

○当日は、5分前までに経済産業省別館2階238共用会議室にご集合下さい。

○会議終了次第、会場にて、厚生労働省、観光庁担当課長より記者ブリーフィングを行う予定です。

簡易宿所 「コンドミニアム青い山脈」から、僅か徒歩で5分のところに、豚と鶏肉の専門レストランが最近開店したので、行って見ました。
980円の手ごろな値段と他の店では珍しい豚肉のステーキ風をガッツリ美味しく食べました。
今日の宿泊者は、名前からして沖縄風のようなので、このお店の紹介をしようと思う。
それにしても、駆け足でセブ、ボホール島を三泊四日という短い期間の視察したが、あらためて沖縄の観光の優位性が際立って理解できた。
「井の中の蛙大海を知らず」という言葉の重みを知ったものだ。

セブ島の四ツ星ホテル

Cebu parklana INTERNATIONAL Hotel
N Escario St.,Cebu City,6000
セブ パークラナ インターナショナル ホテル
N エスカリオ・セント、セブ・シティー、6000

ホテル入口に麻薬探索犬と出入りのたびにガードマンによる手荷物の検査には、驚いたものだ。

ホテルの手配した車で市内観光したが、運転手からは観光施設の方に必ず「この方たちは日本人だ」と紹介され敬意をもって迎え入れたのがとても印象的だった。

日大監督の騒動

8年前の写真だが、とても気にいっている。

何故なら、あのとき、ようやくある目標に達成したと思いがあるからだ。
この組織でトッブを目指すと、大学のころから
そして採用されたときからも目標はぶれなかった。
ただそれだけだった。それに相応しい行動をひらのときから
心がけたものだ。
能力も体格もずば抜けていないことは、自分自信がよく認識している。
ならば、指揮官としての能力を高める事だ。
ひらと同じレベルで力の取っ組み合いを自慢する土俵での勝負でなく、裁判所、弁護人に負けない法律知識、それに組織の士気の高揚を最大限に高める
能力が求められる。
うわべだけの人格と能力は直ぐに部下に見破られる。
それが組織のトッブに求められる要件だ。部下の不始末は、監督者の責任と腹を括る気持ちで毎日勤務に励んだものだ。
昨今、日大のアメリカフットボール監督者の弁解は最悪だ。
常日頃、選手を育成し指導とするというよりは、言葉の脅しに頼った安易な方法にいったという気がする。
自己の利益しかないから、選手のせいにしてしまう。
僕は中学生の9人制のバレーボールの時、後衛の隅っこでひたすらボール拾いに甘んじていた時代があり、そのことにより人生で貴重な経験をさせてもらった。
輝かしいアタッカーの影には、我々の支えがあるということを全く知らない者もいたということだ。
最近では、甲子園の物語でも生選手による補欠に対する思いを馳せるという美しい物語が語られるようになってきたものだ。
指導者がその事を悟らせることをしなければ、子供の頭ではさすがに思いはよぎらないと思うのである。
さて、この年になると同期会の集まりがもようされる。
40~50年の歳月が過ぎ、幼い頃の話に盛り上がることもよいが、あの当時のレベルでとうとうとはなしをされる方がよくいるのには、本当にへきへきするものだ。
人は歳月と共に成長するし、なかには停滞のままもいるかもしれないが、中学生の頃と同じ気分でする会話には、疲れる。
そういう複雑な気持ちで、または、この事に吹っ切れたというこの写真の姿が、僕には新鮮に映る。

5つ星のホテルを目指す

その4 アヤカリゾートホテルは、5星をにらんだ建物づくりに邁進している
アヤカの正面入り口に至った。周囲はセキュリティの為、外周は鉄柵で囲まれている。
建物の建築状況は、外観は完成しており、内装、家具の設置、電気、水道の設備が急がれる。それとリゾートホテルの価値を高めるビーチサイドの整地は重要で、かなりの工事と予算を伴うことが予想される。
今後、5つ星のホテルを目指すことが、このホテルの価値を最大限高めることになる。僕の記憶では5つ星のホテルはフィリピンに、2つしかないというから、いかに大変なことで凄いことを目指すホテルであるかを改めて認識する次第である。
参考までに、沖縄のムーンビーチは4.2。
僕は、ここで一番格安の物件を購入したのだが、中には限定の一棟5千万円、1億の物件もあり、ついでに見学した。景観にすぐれ富裕層の宿泊先になるこの物件は、今後5~10倍と転売されていくと思うが、中国等の富裕層にすれば容易い投資と映るのだろうか。
実際、キャンセル待ちとして、香港の投資家をクルーズ船でこのアヤカリゾート地を案内するという企画が実施されると聴いている。
今回、視察には僕達夫婦の他に20代の若者二人同行したが、彼等の会話も不動産売却の出口路線に話が弾む。
1口から100万円のシェア物件を買い求めたものが、数百名はいるようであるが、こういう若者たちが購入している状況から、SNSからの情報をいち早く入手したことが分かる。
但し、特に海外不動産購入には国の法律、慣習法が違うことと、これにつけこんで詐欺師が跋扈するところでもあることに注意とリスクが高いことを知るべきだ。
僕は、この物件を購入し決断したのは、この事業者の責任者の金融工学という学問を通じて様々な知識を得て感銘を受けたことによるものだ。
この若者の話題のような出口路線だけではなく、国際特許を得たという「旅チェンジ」というアプリを使ったTTポイント、バータ取引、はたまた新法民泊の180日規制のクリア等に繋がる壮大な構想がこれから陽の目を見ることになるはずだ。
ここが一番面白いところで、日本の高齢化社会の介護問題にもこのアヤカポイントは深く関与していくことになると、この責任者の半田先生は強調しているところである。
今後、僕はこの「旅チェンジ」というアプリを活用しながら具体的に学び、例えば、民泊180日規制のクリア、アヤカと連動した安価な介護の提案について、沖縄、日本各地を飛び回るなどの、新しい人生が始まることについて期待が高まる。
人生100年の時代と言われるこの世で、斬新な知識と行動ほどまさに生き甲斐に通じるのではないか。

その3 ボホール新国際空港からアヤカリゾートへ

ボホール新国際空港建設予定地から目の先、車で10分のアヤカリゾート地を目指す。

今夏プレオープンとなる運びである。

3年前よりは道路も整備されているが、道路沿いは簡素な造りの住宅が点在するなか、ホテル建築予定の看板が連なる。

片道一車線のアスファルト道路の対向車線を二輪車を改造した三輪車が頻繁に通過している。

庶民の唯一の足となっているが、平日でもこの通行量からして、ここ一年でセブのように慢性の渋滞に見舞われることは予想される。

これから各種業種の宿泊室やホテル建設ラッシュが始まるのだ。

途中、舗装されていない狭い悪路に入り、アヤカが近くになった。

案内人の説明によると、今後、道路が整地舗装される予定だが、一部住民から事故の発生が懸念されという声があるとのことだ。

50人程の集落地域ではあるが、周辺住民に対しては、今後とも丁寧な説明と協力を得ることの努力をすることは言うまでもない。

300~500メートルの道のりの途中、昼休みもあって、アヤカの作業員とスレ違った。

道端では小さな小屋で、アヤカの作業人に弁当を提供しているところがあり、このおかげでひと財産は稼げたはずだと案内人は笑った。

この地域は農業に適してなく、耕作地を見ることはなく、居住者が定職を持っている様子はない。

子供たちの姿を多く見るにつけ、生活費はどのように得ているか不思議ではあるが、

このリゾート地の建設によって地域住民に少なからず仕事と何らかの収入が得られることは、間違いないようだ。

いよいよ、アヤカの正面入り口に至った。

3年前に更地を見たときに建物が建つと、更に大きく見えるだろうと期待していたものだ。

正面にそびえ立つ三階建てのエントランスの外側は、外壁ネットで囲まれて全容は見ることは出来ないが、

周囲の森林の背景がことさらに建物の存在を浮き出し、その威容は圧巻だ。

ボホール島の今

その2
アロナビーチから30分先に

建設中の国際空港を視察。3000キロメートルの本格的な巨大な空港だ。

周囲は森林でおおわれているが、既に土地高騰は20倍になっているとのこと。

原野に巨大な滑走路が建設されるなか、周辺は全く建物もない

が、8月

以降には周辺の景色もビルがそびえ立ち様変わりになることは間違いない。
案の定、空港から10分先のアヤカリゾートへ向かう途中の道路

沿いにはホテル建築予定の看板が並ぶ。

走行中にガソリンスタンドが二軒あるが、この周辺は、店舗は

ないが通行車両がかなり多く、その為の需要があるようだ。

セブの車両の混雑のようになるのはもう間近だ。