相談する相手を間違えていませんか、

ある方から沖縄の特一等地に、ホテル建築を予定をしているとのことで、設計図を見せてくれた。
従来の設計と代わり映えがしない。4億もかかるようだ。
よく言われるが、税理士に経営の相談する方がいるが、そもそも税理士が営業のノウハウを熟知しているかだ。
設計士にも同様なことが言えるのではないか?
これから20年以上の市場を見据えたホテル開業を考えた場合、相談できる方も絞られて来るはずだ。
例えば、カプセルホテルがイタリアで斬新なデザインで注目されている。
また、大阪では、アジア諸国の家族連れ旅行に対応した自炊可能な仕様のホテルも造られている。
このような最新な情報は、SNSから即時に入ってくるものだ。
僕ならそういう施設の視察からはじまり、相談する方も決まって来るはずだ。
後輩であるこの方は、SNSの扱いを知らず、残念ながらこの方法を知らないようだ。

相談する相手を間違えていませんか、」への3件のフィードバック

  1. 営業です。そもそも違法事業所がブログでこのような情報を発信することはしません。自殺行為ですので、ところで宮古島宝さんは実名は?見当はついていますが、冷やかしと思われる場合はブロックしますことを予め警告しますので。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中