孫正義が語る近未来とラインの衝撃

孫正義が語る未来に
AI側に立って(活用)仕事が出来るものと
、そうでないものとの二極になるという。
個人的に、この事は、既に始まっていると
思うと幾度もなく主張するところである?
それで、君は
AI側に立って(活用)仕事が出来て、なんぼ
儲かったのかという意地悪な質問を受ける
ことがあると思う。
直ぐに答えを求める方の思考を相手にするつもりはないが、
言えることは。物理的な儲かりのほかに情報という
貴重な宝が得られるということだ。
それは、いま行っている民泊の事業の拡大の良し悪し
についても、最新の情報により決断が下される。
つい最近の僕よりは、幅広い選択のなかから
自分なりの最良の判断が出来るように成長
した気がするのである。
それにしても、ネットの日々の変化には驚かせられる。
つい昨日、キャッシュの0.75%には、業界を騒然と
させたが。その翌日にはラインが決済費用を三年
限定ではあるが無料としたのだ。
インターネットの未来を予測する学者は、いずれ
ネットは、ほぼ全てのものがタダでてに入ると
言っていたが、その流れは止まらないようだ。
そして次に柔らかい発想で旅行業も大きく変化する
なか、世の中には今日にでも旅行したいが、手持ちの
ない方のニーズをデータから予測して
なんとお金を10万円をスマホの電話番号だけで
借りることができ、2月後に返してもらうとシステム
をつくり、1日の予約条件を数時間で完売したと
いうのである。
旅行に、つけ払いを導入したのだが、未納を10%と
予測している。
ここからはは僕の推測だ。
つけを払わないものがいるということと、これを
電話番号だけではあるが、把握することは
大きな成果であるということではないか?
ブラックリストは大きなお金になる。
中国では、スマホの履歴からその者の
信用度を数値化している。
信用のある人、そうでないものとの区別は
全ての商いでは最重要な情報だ。
これをAIで管理すれば、ビジネスは楽勝だ。
僕は日本でも果てのはての宮古島に生まれ
育ち、これといった産業もないのが、
離島のハンディであると思った。
それだけではなく実は情報弱者であったと
いうのが大きなハンディであったことを
ようやく気づいたものだ。
例えば、沖縄、宮古島でもそうだが、
いわゆる民泊の経営者は、その殆どは
地元の人ではないという実態だ。
沖縄の良さを情報によっていち早く
しり、今のネットを使いこなした
方たちが成功しているのだ。
地元の人は、依然として情報弱者の
ままだ、
それを乗り越えるチャンスがSNSだと
今も声だかに吠えるのだが?

ラインの衝撃
ある方のコメント
現場で見て来ました。
出澤さんのファイナンス、舛田さんのエンタメ・AI、グローバルへの広がり(台湾スゴい)など、色々驚きがありましたが、何よりLINE PAYの本気が衝撃でしたね。
見ながら『マジかよ』連発してしまいました。
あと、あまり取り上げられてませんが、LINE KAKEIBO(家計簿)はLINE単体との親和性、 PAYとの親和性、Investとの親和性など考えると、強烈に伸びる可能性ありますね。
—————
1. 8月から中小企業でLINE Payの手数料が0円に
2. トヨタが車載AI「Clova Auto」を採用、2018年冬から
3. 旅行事業に参入、実はLINEの得意分野だった
4. ブロックチェーン技術には長期的に取り組む

ベットでコストを下げてはいけない?

オーナーも積極的にゲストとして民泊を利用してこそ、

長所も欠点も見えてくるものだ。

コストを下げるために建築物件に様々な

工夫が見てとれるところが楽しみなところだ。

日々進化していることが実感される。

そのなかで宿泊先で一番気になるのが

ベットであると思う。

見た目で、明らかに安ベットは分かる。

値段的には1万円程度と思われる。

後、5-6万円程度踏ん張れば、それなりの

ベットは手に入るはずだ。

ベットの数によって大きな出費だが、

1週間程の集客で、元は取り戻せる。

安ベットの悪いイメージをもたられる

よりは、ベットの高級感のイメージから、

その経済的効果は余りあるものがあると

思うのだ。

それと、シーツは汚れが目立つことを

嫌って柄物のシーツを選択しがちだが、

基本は、白のシーツだ。

僕の場合、柄物のシーツも予備としてあるのだが、

使用していない。理由は、宿泊客から

汚れを隠しているのではないかと疑われる

からだ。

白物は一見して、それが分かるので客も

安心感がある。

それとホテルと同じように、シーツも丁寧に

メイキングしてある。

これが一番手間隙がかかり、ゴムバンドで

やりたいと思うが、妻の拘りで唯一の

出番の仕事となっている。自分には

できそうもない手技だ。

こういうことからか知らないが、

Booking.comの評価は、9.2から9.4

とうなぎのぼりだ、

もう少しで1年目を迎えようとしているが

自画自賛で申し訳ないが、9.4という評価は

これはこれで凄いことらしい。

コストを意識することは大事たが、下げて

いけないところは、しっかりとお金を

かけることは肝心だと思う。

あ〰️あー、美しき七色の輝きが海の底から涌き出る我が宮古島よ‼️

あ〰️あー、美しき七色の輝きが海の底から涌き出る我が宮古島よ‼️

ここは、下地島飛行場の先端に佇む海辺、あの先に滲み出る緑色よ❤️

我が生まれ島の海が、これほどにも美しいとは。

フィリピンのボラ海岸がいかに世界的に有名であるかは知らぬが、

いずれ世界の富裕層が、この地を訪れてこの海の美しさを

絶賛する前に、この僕が世界のFacebookで発信する‼️

粘る‼️

スマホで一番難しいと思うのは、印刷🖨️だ。

頭がガラケイのままだから、印刷機能をポチット

押せば、とはならない。

Wi-Fiを切ってとか、データ〰️を転送

してとか、もう出来ないので、若いもとau

にアルバイトシテイタ方に、僅かな小遣い

で印刷を教えてもらったが、彼も上手く

出来ないのだ。

半年間経過後の昨日、とにかくも指先を

動かし、…できた?できた?という感動

のまま、この記事を打ち込んでいる。

粘りだな☺️粘りです。諦めない。

資産形成も同じだ。

38年間サラリーマンとして勤めての

退職金の他に、数千万のローン返済を

終えた商業用の自宅とビル、それに

ちょっとした太陽光発電、

家賃収入、ときには大胆な海外投資

に肝を冷やし、汗、ようやく陽の目を見た

ものだ。

そして、SNSを駆使した簡易宿泊所の

実体験により、季節に応じた宿泊費の

設定の仕方によって月の収入に大きく

影響することも分かった。

3 年前に会社を設立したものの、

ここ最近までは収入がなく一体俺は

何をやっているのかと苦笑したものだ。

事業をなすには、3~5年はかかるようだ。

このお陰でSNSを通して行政書士、有名人の

ブログから得た民泊にかかる知識は、毎日

僕の頭を更新してくれる。

先日、本部で農業を営む義兄が訪ねてきた。

彼は大手スーパーの支店長の経験もあり

息子は、本部では有名な民泊経営者だ。

義兄の親友で、元銀行支店長が定年退職後に

退屈で鬱になりそうだという相談を受けて、

彼に農業の手伝いをさせているという。

映画で有名な「終わった人」にならないように、

老後でもしっかりとした目的のある人生を

過ごすことの大事さを実感させる話だ。

その話の延長で、銀行員の知識も活用して

力をあわせて民泊の事業の

展開できれば、新たな生き甲斐になるのでは

ないか?と、いろいろ考えることで、僕や

彼も鬱になる心配はないようだ?

因みに、僕の生まれ島の「あららがま精神」

という格言がある。

絶体絶命というときでも諦めないという意味で

とらえられている。

諦めない、つまり粘りの粘りを意味しており、

今回、この言葉をあらためて噛み締めている。

スマホで一番難しいと思うのは、印刷🖨️だ。
頭がガラケイのままだから、印刷機能をポチット
押せば、とはならない。
Wi-Fiを切ってとか、データ〰️を転送
してとか、もう出来ないので、若いもとau
にアルバイトシテイタ方に、僅かな小遣い
で印刷を教えてもらったが、彼も上手く
出来ないのだ。
半年間経過後の昨日、とにかくも指先を
動かし、…できた?できた?という感動
のまま、この記事を打ち込んでいる。
粘りだな☺️粘りです。諦めない。
資産形成も同じだ。
38年間サラリーマンとして勤めての
退職金の他に、数千万のローン返済を
終えた商業用の自宅とビル、それに
ちょっとした太陽光発電、
家賃収入、ときには大胆な海外投資
に肝を冷やし、汗、ようやく陽の目を見た
ものだ。
そして、SNSを駆使した簡易宿泊所の
実体験により、季節に応じた宿泊費の
設定の仕方によって月の収入に大きく
影響することも分かった。
3 年前に会社を設立したものの、
ここ最近までは収入がなく一体俺は
何をやっているのかと苦笑したものだ。
事業をなすには、3~5年はかかるようだ。
このお陰でSNSを通して行政書士、有名人の
ブログから得た民泊にかかる知識は、毎日
更新される。
先日、本部で農業を営む義兄が訪ねてきた。
彼は大手スーパーの支店長の経験もあり
息子は、本部では有名な民泊経営者だ。
義兄の親友で、元銀行支店長が定年退職後に
退屈で鬱になりそうだという相談を受けて、
今、一緒に農業の手伝いをさせているという。
映画で有名な「終わった人」にならないように
老後でもしっかりとした目的のある人生を
過ごすことの大事さを実感するものだ。
その話の延長で、銀行員の知識も活用して
力をあわせて民泊の事業の
展開できれば、新たな生き甲斐になるのでは
ないか?と、いろいろ考えることで、僕や
彼も鬱になる心配はないようだ?
因みに、僕の生まれ島の「あららがま精神」
という格言がある。
絶体絶命というときでも諦めないという意味で
とらえられている。
諦めない、つまり粘りの粘りを意味しており、
今回、この言葉をあらためて噛み締めている。

「全ての仕事はスマホで出来る?」

「全ての仕事はスマホで出来る?」は、堀江貴文が、良く言っていたのだが、これを痛感した出来事があった。
ここ最近、事務所の移転を余儀なくされ、一人で全てやることになった。電話の移転、荷物の引っ越し、予約等やることは一杯ある。
従来の考えで引っ越しの作業を考えているなか、あれもこれもスマホで出来るのではないかと後戻りしてやり直したものだ。
それでいても「全ての仕事はスマホで出来る?」とは、未だに頭の中には徹底しておらず、転居先の届け出を郵便局に行ってやらないといけない、転居先の葉書の作成と送付先の相手に郵送しなければいけないという感じの従来の発想であった。
郵便局で、転居先届出の葉書を受け取り裏面を見たらwebでの案内があったのに気付いた時に、「全ての仕事はスマホで出来る?」を思い出したものである。
スマホを取り出し、移転先の住所を入力することで、電話工事の日程調整、郵便物の転送、相手先への住所変更の葉書作成と郵送のお願いも全てスマホで済ませた。
後は、工事依頼人との時間の設定は相手方から連絡来るので、それに対応するだけだ。
このとき思ったのは、これまで自分が行っている段取りの方法は旧来の知識であることを認識した上で、これを改めるために段取りをする前にもう一度「全ての仕事はスマホで出来る?」を思い出さなければならないと痛感したものだ。
自分の全ての銀行通帳の入金、振込も把握できることと、月三回までの無料による口座振込もポチポチとスマホで済ましている。
次に年金の書面通知もメールに変えた。
高齢者には、若者と違って生きていく時間が少ないことから、時間を有効に使うことに大きな意味があるのではないか?
引越が一段落して、事務所の窓際からプロ野球戦が近々見られる奥武山球場に眼を落とす。高校球児による甲子園を目指しての暑いドラマが繰り広げられるが、そこには濃縮された時間だけに彼等にとっても、想いでもひとしおだろう。
時間を効率的に生きることが、人生に深い味わいを醸し出し、それをひとり反芻しての喜びを密かに味わうことができることだけでも、良しとしたいものだ。

人生100年時代をどう生きる?

残り30-40年の人生をどう生きるかというテーマを考えるとき、20代のころの自分を取り巻く環境と大きく違うところに、思考が停止しがちだが、よく考えれば、若者と高齢者の違いはリスクの大小ではないか?

若者よりは、時間、病気、体力、気力等の差が出てくる代わりに、高齢者は知識、経験が備わり人脈や信用、場合によっては多少の財力も備わっているかも知れない。

最近話題になった定年退職した人をテーマにした映画「終わった人」にならないように、本当に自立した人生にチャレンジしていきたいと最近益々思うことがある。

その事を考えさせる記事をピックアップしたので参考にされたい❗

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

人生100年時代をどう生きる?
「人生100年時代」というが、長い人生をどう生き、必要なお金を準備するかというマネープランをつくったことがある日本人は必ずしも多くないだろう。2016年の野村総合研究所の調査では、18~79歳の日本人のうち、マネープランをつくったことがある人の比率は9%だった。60~70代は7%にすぎない
決まった形式はないが、マネープランとは家計の将来の収入・支出及び資産・負債をシミュレーションし、様々な人生のイベントにお金の面から備える資金繰り計画のことだ。必要性は理解しながらもきっかけがみつからず、具体的にどうしたらいいかわからないまま、「何とかなるだろう」と考えているシニア世代が多いのではないだろうか。

マネープランをつくらなかった人の中には、子どもや孫に生前贈与し過ぎた結果、自分が入院したり手術したりする時の資金が足りなくなってしまった人がいる。逆に資産の減少を恐れ、あこがれていた海外旅行に出かけず年を重ねて後悔する人もいる。

これからの人々は退職金を受け取った後、40年近い人生を想定しなければならない。政治や経済情勢も不透明で、人生後半の働き方や学び方も多様になる。自身や家族の健康状態もそれぞれだ。標準タイプではなく、一人ひとりの生き方に即したマネープランが必要になる。社会的な意義も小さくない。資産の計画的な取り崩しや生前贈与は、本人や次世代の消費を通じ経済成長に寄与するだろう。

ただし、マネープランさえつくれば安心というわけではない。自分に合うプランをつくるためには、専門家の持つ知見を生かすべきだ。日ごろ取引する金融機関の担当者以外のセカンドオピニオンも有効といえる。金融機関が売りたい金融商品の影響を排除できない可能性があるからだ。

金融機関は、保険や金融商品の営業行為とは一線を画し、顧客のマネープランづくりを支援する必要がある。例えば、営業担当者と別にプランナーを組織化する。恣意的な操作を排除する、プラニングツールを開発するのも有効だろう。人工知能(AI)などを使い、金融機関から独立したプランづくりを提供する企業も出てくるだろう。

プランづくりへの優遇措置を含め、環境整備も望まれる。具体的にはマネープランのセミナー参加費用やプラニングツールの利用料、専門家への相談費用に対する助成制度などをつくる必要があろう。