為替は厄介だ。

フィリピンは、高度成長期に入ったようだ。

それは、さておいて、ブラジルの客人が自国の通貨安で宿泊日程を短縮した事は、僕には容易

に推測される。今、南米は強烈な通貨安に転じており、ブラジルも影響を受けている。

6万円の宿泊代の現金化するには、1日の限度を超えるため、彼らは2回にわたって分割払いした

ものだ。booking.comでの支払いは、僕の場合、設定に不馴れなので現金払いとしていた。

主に台湾の方なので、問題はなくごく稀にガード払いを希望するのもいた。

この為替は、不便で厄介だ。それで仮想通貨が話題になったが、投機的要素が強いことと、

現在進行形で紆余曲折があるようだ?

しかし、いずれ最適な使い方になるはずで近いうち、これにも挑戦するというか、使いこなすことになるはずだ。

ホリエモンの著書を読んで意をけっした。というか、アヤカリゾートのポイントシステムも仮想通貨

の利用にも、既に言及していたのだ。

さて、先ずは事前にカード支払が出来るように、設定をすることにした。

これも初めてのことなのでドタキャンを覚悟している。通貨が安定しない国では、旅も

おちおちとしておれないものだ。

沖縄が復帰した時、僕は高校生だった。

ドル経済から日本円にいきなり変わったのだ。変動相場制への移行だ。

当時は、そんな意味も分からず普段のコーラの買い物が、恐ろしく高くなっていくのだ。

子供ながら恐怖を覚えたものだ。ドルで借金してお家を建てた者は、返済が楽になった。

一方、ドルの預金者は大損だ。このドタキャンでも大きな混乱にならなかったのは、急激な

賃上げだった。その中においても公務員が、その場しのぎで大工の手伝いをしたという

先輩の話は、懐かしいものだ。これから円安、円高に向かうかは僕には判らないが、何れに転

んでも直ぐに対応する準備はしたつもりだ。僕は今の民泊がかなり有望であることは分かっ

た。

判ったが、日本で投資するよりは、フィリピンの高度成長期にあわせて、そこに再投資する方

が一番の選択肢であるとわかったときに、不思議な落ち着きを感じた。

日本の土地を中国人が爆買いしているという話題が持ちきりだが、果たして投資家からすれ

ば、いつまでも日本が投資に魅力的に映るかは、疑問だ?何故なら、この僕でさえも、

あの国が利回りが高いと思うところに足が

直ぐに向くからだ。

世界の旅人は大衆化する?

ブラジルからの客人は、iTを駆使して

この沖縄での不便な公共バスで、

目的とする美しいビーチ巡りをした。

そのため、僕の助言を求める事は

なかった。

過去に中国人もスマホを頼りに

この地にやって来た。

時代は変わって来ているようで、

スマホが、旅人の背中を押して

いて、大きな波が押し寄せて

くるようだ。

旅人の大衆化が、始まるようだ。

それに対応するには、安価な宿泊

施設が提供出来るかだ?

ブラジルからの客人

8泊の長期滞在者は、ブラジルからやって来た。
中年夫婦だが、レンタカーの使用ではない。
沖縄本島のマンナかに普天間基地や嘉手納基地
があるため、東西の公共バスのアクセスが
とても不便だ。
事情知らない旅人が、この事を知らないで
この宿に宿泊すると、僕はとても心配になる。
国際免許のない中国等は面倒だ。
せっかくの旅が、この事で気分を損なわしたら
いけないと思い、出来るだけのサービスする。
異国の方とコミュニケーションをとるのも
ひとつの勉強と思えば良い。
実際、言葉が通じないことで、そのやり取りに
躊躇する事はしなくなったものだ。
むこうから翻訳アプリで会話してもくれる。
ブラジルの客人が、日本の沖縄を最初に目指した訳は、
日本で一番美しい海を最初に見たかったことと
県民が肉をよく食べるからとのことだったとのこと。
それで、僕がこの東海岸で一番綺麗な伊計ビーチを
紹介したら、そのブラジルの方は、しっかりと
名称を暗記していた。
泡瀬からは伊計ビーチまでは、バスではとても
不便なので、明日、自家用車で送るつもりだ。
とても遠慮深い客人なので、それなりの
料金を請求した方が良いようだ。
それと、お金の支払いについては、カード
支払いでも出来るように設定しないと
いけない。何故、直ぐに設定しないかって、
それは、僕はまだまだSNSの扱いは千鳥足
だからだ。
それでも日々一歩前進だ。

 初めから儲かる話しなんかない?

問 初めから儲かる話しなんかない?
答 その通りだが、先ずは行動する事が、できるのかが一番の問題だ。
と自問自答したいところだ。
かの有名な日本の明治維新の素と言われる
吉田松陰曰く。
人、書読まず。人、書読むも行動せず。
4年越しのフィリピン不動産投資が佳境を迎え、その果実が目の前にやって来る。
金融工学という学問から、お金の仕組みやビジネスの仕組みを半年に渡って、学ばして
頂き、主宰者が実践するアヤカリゾートに投資したものだ。
400名を越えるまだ見ぬ投資仲間と共に、この案件の完成を願って、数々のトラブル
を乗り越えてきたものだ。このような年齢でリスクの高い投資に足を突っ込んだのは、世の中

のお金の仕組みを本当に知りたかったという衝動的な想いのほか、僕には理由が見当たらい。

宿泊業にバーター取り引きが巨大なビジネスとして定着していることも初めて知ったものだ。
その走りとして、いわゆる民泊が騒がれる昨今、簡易宿泊所を始め1年を迎える。
日進月歩というよりは、秒速で進歩するSNSの利用達人を目指す僕には、この宿泊業は極めて

相性が良い。先日、9泊という予約がいきなりキャンセルとり、11万円の減額に気持ちが萎えた

が、宿泊条件を緩和する処置を迅速に行い、程なく予約が埋まり、7万円の回復を見たものだ。

さて、この宿泊業の成功をもって、ホテル業を本気で目指すも本来の主目的である子供たちの
会社をと思ってのことであり、いまなお関心を持たない子供たちに、僕の気持ちも萎えてしまう?
それと、よく考えてみればフィリピンでの更なる投資が断然良いことに気づいたものだ。
何故なら4年間の付き合いで、信用、信頼の仲間たちの存在があるからだ。
僕よりは一回りの後輩たちだが、知恵と行動は卓越している。
そういう人と繋がっているものだから、幼なじみとは、付き合いが薄い。
断捨離とまでもいかないが、新しい情報を求める為にはやむを得ないのではないか?
時間が惜しいので、ゴルフもやめてしまっているのだから。
さて、実業家半田氏において、国際特許を得たシステムがアプリとして「旅チェンジ」が

デビューするはずだが、ここで家賃収入がポイントで支払われる。

このシステムを活用するこで、また、新たにお金の仕組みについて学べるものだ。

仮想通貨をいずれ投資としてではなく、本来の目的であるお金の移動として活用出来れば、

トルコのお金の価値の下落があったように、万が一の対応も出来るものだ。

AIによって格差は益々広がるとは、これの出来る人と出来ない人のことをもさしているのだが。

遂に陽の目を見るアヤカボイントシステムとは?

遂に陽の目を見るアヤカボイントシステムとは?
遂に特許を得たアヤカポイント

システムが誕生したものだ。

この完成を信じ待ちわびて

4年目になろうとする。

詳しい内容は、ここでは割愛するが、後に仮称「旅チェンジ」

というアプリを利用することで理解も深まるというものだ。

このシステムの概要を理解するために、半年にわたる通信口座を受けたことが懐かしい。
これからは、このアプリを利用して、宿泊のバータ取引、ポイント同士の交換はたまた仮想通

貨への交換と変化していき実務の取引を通じて最新のインターネットの現状を肌で知ることが

一番の収穫かもしれない。

ここで一攫千金の夢物語を追うことはない。

地道にこのシステムを活用

するだけでも十分である。

伊江島へ

伊江島の民泊は、中、高校生に人気があり有名だ。
本日、業務のため三時間程の滞在した。宿泊業を
営む身として自然と民泊施設に目がいく。
道路はチリも落ちてなく小綺麗だ。
空き家も見ない?
コト体験の旅がこれからは人気が出る事は、
知ってる。
僕には、このノウハウは、今のところは
ない?
それでも何かを感じとるため、真夏日に
一人、閑散とする町を歩く。
こういうときに、おしゃれなレストラン
等に出会うことを期待するのだが、都会
に住んで、感覚が毒されているかも?

3kという仕事

3kと呼ばれる仕事について、書こうと
思って調べると、新3kという言葉も
出てきている昨今だ。
僕が勤めあげた職場は、間違いなく
3kだ。
体力には自信はあったものだが、
夜間、一睡もしないで働く職場で
あるということは、うかつにも
想像もしなかったものだ。
それに加え、切った張ったの
修羅場に希望があるというのは、
「御苦労様」という市民からの
ねぎらいと使命感という美しい
心が持ち続けられるかだ。
仲間が病、不適切行為等、
この職を離れて行く中、37年間
勤めあげ、最近のドラマで話題になった
「終わった人」という渦中の人に
ならないように、僕は、日々一生懸命だ。
思えば、楽な仕事はなく、
どのような職場であれ、多かれ少なかれ
3kの部分はある。
結婚式に係る仕事も、スムーズに式が
進むように気を配るし、保育所の
笑顔が好きでハッピーといいたいが、
これまた命をあづかるという
大変な責任を伴うものだ。
女性の憧れのスチュワーデスも
よく観察すれば、飲み屋の
ママさんみたいに顧客に気を使う
仕事だ。
さて、本題である宿泊業について
考察する。
当初は、他人を自宅の隣に宿泊させ
掃除もするので、3kまでもいかなくても
あまり気が進まなかったものだ。
身近に連れ込み宿を経営する者を
見てきているせいもあって、
自分の職業の選択肢になかった。
それなのになぜか?
一番の動機は、あたらし物好き
の性格のなせるからかもしれない?
それは、airbnbというネットワーク
の世界を見たかったらだと思う。
そのチャンスは直ぐにきたものだ。
息子の転勤で部屋が空いたのだ。
当たって砕けろだった。
この部屋で保健所の許可が
取れるのか?
費用は、ネット申込は
全て、初めての経験だ。
一人悶々と取り組み、応援団は
ネット仲間のブログの
内容だったが、中身にどれだけの
信憑性があるかは知らないのに、
それだけが自分の励みだ。
後半になって、妻も動いた。
家具の選定、シーツ等のリンネ
の知識は、女ならでわだ。
色んな応援によって宿泊客は、
順調に伸びて来ている。
ゲストの口コミも9.4と
好評だ。
ゲストは、旅を楽しみに
やって来る。
最初の迎えと部屋の案内を
キチッとするだけで、
とても喜んでくれる。
これって、3kって呼べる
ほどのものだろうか?
確かに部屋の掃除は
難儀だか。
自分の家だし。
僕にとっては、この仕事は
相手は、ハッピーを求めて
くるゲストであり、彼等から
最高の口コミを頂いたり
して、嬉しく思うのだが?
これは、天職だと感謝しな
ければならないと思う今日
この頃だ。
………………………………………
「3K」職場/「6K」/「新3K」
「3K」(きつい、危険、きたない)職場忌避は、
貴族化・清潔化という消費文化と無関係ではない。
3K以外の、例えばウエートレス不足も、身体・
人格による他者へのサービスが嫌われるからである。
他者のサービスはいくらでも受け入れるが、
自分からのサービスはいやというのは貴族固有の
発想である。3Kはさらに「給料が安い、
休暇が少ない、カッコ悪い」が加わって
「6K」。土木・建設現場、看護、
ある種のサービスが特に嫌われ、
その分、日当が急上昇している。
本格的に職場に登場した女性=
総合職女性に対しては、
男性と同等の条件が要求されるのみならず、
「きつさ、気配り、きれい」が求められる。
彼女たちがいささか過剰に、
そして勝手に意識しているのかもしれないが。
こうした女性への要求項目を「新3K」という。