法人化なりのメリット?

法人化すると何らかのメリットがあると信じ、会社を
立ち上げたものだ。

事業を始めて、個人と法人の違いをすこしづつ分かってきた。

民泊の収入等を自己の収入にすると税金が大きくかかってしまう。圧縮する必要にせめられる。
何故なら年金も満額とるためだが、以下の保険の
活用は研究に値するのではないか?
それにしてもこんな保険があるとは驚きだあ🎵

法人向けの逓増定期保険のメリットは3点。

「保障」「節税」「貯蓄」

まず「保障」については言うまでもない。

逓増定期保険は生命保険なので被保険者である経営者が死亡すればその死亡保険金が支払われる。

特に中小のオーナー企業などではパワフルな創業者社長個人の能力で業績をあげているところも少なくない。

社長に突然亡くなるようなことがあった場合会社の売上は大きく下がってしまうかもしれない。

そんなときにまとまった金額の保険金が入ってくれば当座の資金繰りは大いに助かるだろう。

「節税」は逓増定期保険の保険料の一部が経費(損金)で落とせることに起因する。

保険料の損金算入の割合は被保険者の年齢によって変わってくるが、例えば経費の1/2を損金が損金算入できる場合(半損)は支払い保険料の半分を経費計上できることになる。

経費が増えるということはその分だけ利益が減ることになるので支払う法人税も少なくできるということである。

ところがその経費は保険という金銭的なリターンのある商品の購入に使うのでいずれそのお金は戻ってくる。

いわば投資みたいなものであり、投資する資金が経費で落とせるということでもある。

ただ実はここで最終的な「節税」ができるわけではない。

逓増定期保険はだいたい返戻金額がピークに近いときに解約して会社で解約返戻金を受け取るがそのときに雑収入として計上しなければならないからだ。

半損の保険の場合、逓増定期保険の加入時に保険料の半分が支払保険料として経費に計上されるが、残りの半分は前払い保険料として資産計上される。

解約時には解約返戻金からこの前払い保険料分を除いた部分を雑収入として利益計上しなければならない、ということになっている。

つまり実質的には利益の計上を遅らせて繰り延べしているだけに過ぎない、とも言える。

この措置が本当に節税効果を生むのは解約返戻金を被保険者の退職金として払い出すようにアレンジしたときである。

退職金を受け取った経営者は個人の所得税を支払う必要があるがここに税制的優遇がある。

まず退職金は他の所得と合算されずに分離課税となるので税率が低く抑えられること。

そして勤続年数に応じた所得控除があり、さらに課税所得は控除後の金額の2分の1ということになっている。

退職所得控除は20年勤続で800万円、30年勤続で1,500万円、40年勤続で2,200万円となっている。

退職金が控除金額内で収まれば無税となるし、仮に超えたとしてもその2分の1に分離課税されるので大きな節税効果が得られる。

「貯蓄」効果は逆に逓増定期保険を退職金と絡めない場合に達成される。

利益が出ているときに保険に加入して保険料を計上し、その年の法人税を節税しても解約時に雑収入になるので結局は将来納税の必要がある。

平たく言えば支払い時期をずらしているだけのこと。

だが会社を経営しているといつも順風満帆とはゆかない。

時々大きな出費をなければならないこともある。

例えば事業を増強するための設備投資であったり、設備の老朽化や災害によって大規模な修繕を行わなければならない事態に直面することもある。

出費がその年度の利益だけでは足りなくなるという可能性もあるのだ。

そんなときに逓増定期預金の解約返戻金は出費をカバーしてくれる非常にありがたい「貯蓄」となってくれるのである。

〰️〰️〰️〰️〰️

僕の生命保険は掛け捨てである。
こういうメリットを活用すべきだ🎵

秒速で進化するiT社会

銀聯国際と世界で提携、決済機能を他社にも開放 ── Origamiのキャッシュレス戦争での戦い方

〰️〰️

ということは、現金払いしか対応していない
僕でも、インバウンド客からカード支払いが
出来るということ?

しかもタダで、この事を早めにしり対応すれば、手数料を節約する事が出来るはずだ。

ホントにiT世界の進展は、秒速だが、リアルの世界しか知らない方には、全くこの事は見えてこない⁉️

民泊経営者にとっては願ってもないことだ。

僕の民泊が好調なわけの一つには、
顧客からの質問等に対して、素早く
応答が出来る事だと思うのだ。
airbnbのオーナーに対する評価の
ひとつに、ゲストの問い合わせに
1時間以内に対応することとして
いる。
僕の場合、ほぼ100%の反応示す
事が出来る。
ゲストの中には、予約時のときの
連絡にこのサイトをメールとして
使いきれていない方が、結構いる。
チェックイン時間や近場に来たときに
こまめに連絡をしたいが、これが
ゲストと上手く出来ない場合がある。
日本人でもこのサイトの予約を自在に
使いこなす方は少ないが、日本人は、
電話で即、やりとり出来るので
問題はない。
しかし、インバウンド客は国際電話、
言葉の壁もあり、これはツールと
して使えない。
ラインで台湾、韓国は繋がり、実際に
活用したこともある。
中国のウイチャットも検討していた
ところ、このニュースが飛び込んで
きた。
これが活用できたら、民泊は超便利と
なるものだ。
LINEとFacebookメッセンジャー、WeChatなど、異なるSNS同士でもつながれる。しかも、同時に100言語以上で会話ができるという、一見“夢のような”ツール「kotozna chat(ことつなチャット)」が9月18日にサービスを始めた。
上記のSNSに加え、10月にはカカオトークも対応予定。さらにヨーロッパ・アメリカを中心に広がるWhatsAppにも対応できるよう準備を進めている。翻訳はGoogle翻訳を使い、100言語以上に対応している。

使い慣れたSNSで母国語で会話が可能

ことつなチャットの使い方は、ユーザーが会話をしたい相手の専用QRコード(※)をスキャンする。すると、自分が使用する言語とSNSの選択画面が表示される。それぞれを選択すると、SNSの画面に遷移し、相手との会話を始められる。

メルカルを沖縄目線で見る?

ホリエモン著書から仮想通貨を考える上で、
メルカルのメルペイ構想は面白いと?
話には聞いていたが、人口当たり沖縄が
メルカルの利用者は全国一位だと?
早速、アプリをダウンロードして
妻の裁縫での手作りの高齢者用のタオル
を出品した。
もちろん、直ぐに売れるわけではないが、
あくまでも経験とシステムを知るのが
目的だ。
出品の多さと沖縄ならでわのおきなわソバや
かりゆしウェア等も格安で売れている。
要は何でも売られている。しかも新古多数だ。
剃刀、果てはコンドームのまとめ買い、
そして、訳あり海苔の売りきりは圧巻だ。
こんなにも利用者がいるとは?
物価が上がらない訳も、ここにある?
さて、メルカルからポイント千円分を
頂いたので
孫の服を買い求めた。
すると、更にメルカルからポイント千円分が
進呈され、買い物条件として、2千円以上の
買い物をすることを求められた。
さすがメルカルは、うまい❗
それで、現金千円とポイント千円の
2千円以上の海苔を買うことにした。
ポイントは、1万円以上は、手数料
無料で現金に換えられる。
それ以下は210円手数料がかかる。
ここで思案。
沖縄県内にはメルカル顧客が多い。
そこで、自己の美容室や健康食品販売に
メルペイを使ってもらうという
アイデアが出るものだ。
近々、メルペイは、米国にも
進出するとの事だ。
お金の本質を知るためには、
実際にやって見ることに限る
ことを改めて知ったものだ。
お米の購入を含め、ここを
賢く使えば、通常より生活費を
半減できるはずだ。
メルカル恐るべし🎵

マイルで買い物が出来る?

かねてから、アヤカリゾートのアヤカポイントの可能性に期待を寄せているものとして、今年度からのアヤカリゾートの開業が待ち遠しく、実際にアヤかポイントを現金同様に使ってみたいと思っているところ、ネットの世界では刻々と秒速で変化と進化している。世界の秀才が、頭の中で思い描く事が、次々と実現されていく。

ANAのマイルとアヤカポイントの交換は現実のものとして受け止めていたところ、そのマイルで買い物が出来るようになったというのではないか?

〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️〰️

編集部ピックアップ
金融だけじゃない!航空、エネルギー、デザイン、不動産も本気で取り組むブロックチェーン
~マイレージサービスのデジタルウォレット、一般家庭向けの余剰電力売買、コンテンツ流通や異業種連携の価値創造の試みも~

FUJITSU JOURNAL
2018年8月10日
ブロックチェーン
デジタルマーケティング
共創・オープンイノベーション
金融・保険
社会インフラ
運輸

猛暑に襲われている今年の夏、少しでも過ごしやすい場所を求めて国内外にお出かけの方も多いのでは?遠出の旅行、特に海外ともなると飛行機が便利ですね。旅行好きの方なら、いつも利用する航空会社のマイレージサービスの会員になって、獲得したマイルで旅行の計画を立てられるのではないでしょうか。マイルは、航空券を購入できるので助かりますが、旅行先のレストランやおみやげ屋さんでの支払いには使えないのでマイレージサービスに物足りなさを感じたことがある方もいるかもしれません。
そんな経験を持つ旅行好きの皆さんに朗報です。というのは、店舗の支払いにマイルを使える取り組みが、ブロックチェーンによって実用化したからです。色々なお店での「マイルでお買い物」を実現したのはシンガポール航空です。同社は2018年7月24日、世界初となるブロックチェーンを活用したマイルベースのデジタルウォレット「KrisPay」を開始しました。パートナー店舗でショッピングするときは、現金の代わりにKrisPayマイルで支払えるようになりました。小口決済を低コストで実現できるブロックチェーンの特徴を生かし、最小支払単位は15 KrisPayマイル(約0.1シンガポール・ドル=8.16円)と少額です。

シンガポール航空が会員ユーザー「KrisFlyer」に提供するデジタルウォレット「KrisPay」の画面(出所:AppstoreのKrisPayの紹介画面)
KrisPayで料金を支払えるパートナー店舗は、ビューティーショップ、レストラン、小売店、ガソリンスタンドなど18店。シャングリラ・ホテル内のレストランや有名紅茶メーカーのTWG Teaなどが含まれています。今はシンガポール国内だけですが、今後パートナー店舗を追加する中で海外展開するかもしれません。
航空事業は競争が激しい業界なので、他の航空会社はKrispayの動向を注意深く見守っているはずです。そして、その有用性が明らかになれば、きっと多くの航空会社がマイレージサービスの一環としてデジタルウォレットを提供することになるでしょう。
Krispayの取り組みは、ブロックチェーンが「少額決済システムを安価に作れる」というブロックチェーンならではの特徴を活用したものです。今回は、ブロックチェーンの活用実態を見ながら、各種の産業がブロックチェーンで何を実現しようとしているのかを見ていくことにしましょう。

業務領域と運用ノウハウを実証実験で検証する金融機関
ブロックチェーンは、もともと仮想通貨の実現技術として用いられたこともあり、その活用に向けた取り組みが活発なのは金融業界です。前回紹介した全銀協の実証実験に代表されるように、さまざまな金融機関やブロックチェーン技術を得意とする新興企業が、ブロックチェーンで作ったプラットフォームの上で各種金融業務を遂行する実証実験を始めており、実用化に向けた課題の洗い出しや、どのような業務・運用なら効果を上げられるのかの見極めに取り組んでいます。
金融機関がブロックチェーンに魅力を感じるのは、ホストコンピュータを中心として構築されている現状の金融システムでは実現が難しかったり、コスト高になってしまったりする機能を、ブロックチェーンは容易に低コストで実現できることです。具体的には、「改ざんされない」「耐障害性に優れる」「匿名性の確保」「仲介者なし」「取引記録を関係者で共有」などがあります。特に、ブロックチェーンを構成する大量のコンピュータが、ブロックチェーンの全取引記録を同時に保持することによって、極めて高い耐障害性を実現するという作り方は、ごく少数の大型コンピュータセンターを相互バックアップする形で運用するのが一般的な金融システムの作り方とは全く異なる手法と言えます。例えばビットコインの場合、すべての取引履歴を参照可能な「フルノード」と呼ばれるコンピュータは1万以上あります。
もちろん、ブロックチェーンにも「リアルタイム決済が難しい」「単位時間当たりの決済件数に限界がある」「セキュリティ面でリスクがある」など、制限や課題はあります。そこで金融機関は、実証実験によってブロックチェーンの特徴を上手く生かせる業務領域を見つけ、運用ノウハウを他社に先駆けて獲得して競争力強化に役立てようとしているわけです。

簡易な小口決済の実現技術として実用化を急ぐエネルギー業界
その一方で、ブロックチェーンこそが事業拡大のブレークスルー技術であると見込んで期待を寄せている産業もあります。その代表例はエネルギー業界です。具体的には、太陽光発電パネルを設置した一般家庭を相互に結びつけ、それぞれの家庭のニーズに合わせて余った電力を一般家庭間で直接取引する運用を実現するための有力技術として注目されているのです。特に日本では、一般家庭向けの「固定価格買取制度(FIT)」(太陽光パネルで作った電気の余剰分を10年間にわたって国が高い金額で買い上げる制度)の終了を迎える2019年から、FITを利用して売電してきた約百数十万世帯が新たな電力の買い手を探すことになります。一般家庭が手軽に売電できるようにするには、手数料の安い小口決済システムが必要です。こうしたことから、エネルギー業界では「2019年問題」を解決する手段として、小口決済を仲介者なしで安価に実現できるブロックチェーンを利用できるのではないかと期待が高まっているのです。

次ページ : 一般家庭が太陽光発電で生産した電力を売買するプラットフォームを・・・

次へ
この記事へコメントする
ブロックチェーン
デジタルマーケティング
共創・オープンイノベーション
金融・保険
社会インフラ
運輸

FUJITSU JOURNAL に関するお問い合わせ
週間ランキング
2018年7月27日 〜 2018年8月2日

次世代モバイル通信”5G”とは?【第1回】 なぜWi-Fi並みの低電力で10Gbpsの超高速通信を目指すのか

「ムーアの法則」はもはや限界! 「組合せ最適化問題」を解決する新アーキテクチャーを開発

これだけは知っておきたい、量子コンピュータの基礎と現状
ブロックチェーンに関する記事

東欧が暗号通貨のブームに沸く理由

VentureBeat
2018年09月05日

ブロックチェーンが生みだす新たなビジネスチャンスと人材雇用

Business2Community
2018年08月15日

金融だけじゃない!航空、エネルギー、デザイン、不動産も本気で取り組むブ…

FUJITSU JOURNAL
2018年08月10日

次にデジタルディスラプションが起きる7つの領域とは?

Business2Community
2018年07月27日

元天才詐欺師のセキュリティ専門家フランク・アバグネイル:「銀行はすべて…

FORTUNE
2018年07月23日
もっと見る
注目キーワード
AI(人工知能)
量子コンピューティング技術
5G
自動運転
セキュリティ
働き方改革
ブロックチェーン
デジタルマーケティング
編集部ピックアップ

ブロックチェーン
金融だけじゃない!航空、エネルギー、デザイン、不動産も本気で取り組むブ…

最先端テクノロジー
宇宙の謎を解く!世界最大のガンマ線天文台(CTA)を支える

最先端テクノロジー
ITで未知の化合物を作り出し、薬のなかった疾患に希望の光を!~「薬」とな…

防災・減災
センサー、IoT、SNS、ビッグデータ解析――テクノロジーで自然災害に立ち向…

自動運転
海でも自動運転。2025年「自動運行船」時代に向けた最新動向に迫る

FUJITSU アプリ

富士通をもっと身近に

詳しくはこちら

About FUJITSU JOURNAL
お問い合わせ
日本語
English

Copyright 1994 – 2018 FUJITSU

副業は、複業ともよめる?

サラリーマン一筋に生きてきて、退職後にこの民泊を経験して、現金商売は回れば美味しい。

サラリーマンの退職金が36年間余りの人生で得る金が、2000万円余りは有り難いが、

それを得るための年月はあまりにも長い。とはいっても、いきなり独立できるわけでもない

が、副業が公に解禁された昨今、このタイミングを生かすてはないと思うのだ。

副業が本職を疎かにするとかという、職業倫理観の話もあるが、本職も一生懸命にして、副

業もそこそこにやるしたたかさは、持つべきだ。

副業によって、また、知識も広がり本業にも大いに役立つと思うのだ。

それにしても、サラリーマンの立場では、限られた給料からはまず、節制の考えしか及ばない。

しかも、30年間の膨大な時間の積立で2000万円余りの退職金では、あの当時は、それでも満足

したものだが、ほかにもチャンスはなかったのかと考えてしまう?

今、手元に民泊の収益が、現金として手元に回ってくるこの回転の速さには、ため息をつくも

のだ。サラリーマンという安定した立場の方ならば、ぼやっとしないで、副業の解禁を

チャンスと捉える者は懸命だと思うのだが、君はどう行動する

僕のもうひとつの顔

https://umikazekaoru.com/category/investment-complex/ayacca/

前期高齢者と呼ばれるのが、

間近な僕だが、あの方

又はぼくのこのブログの

紹介にあるようにアヤカリゾート

の投資に参加して4年になる。

その中でこのアヤカリゾートの発起人である半田先生の下、金融工学という学問を学び、当時の流行りの仮想通貨の意味もなかなか

理解できずにいたものだ。

このアヤカリゾートのポイントシステムの活用が、仮想通貨に繋がるという?

普通の不動産投資とは違う最新のこのシステムに、大いに好奇心が煽られたものだ。

しかし、遅々として予定通りにはかどらない工事には、フィリピンの特殊事情とはいえ、しびれをきらせるものがある。

そういうなか、仲間の同じような情報発信には、勇気付けられるものがあるものだ。

僕の周囲には、僕のこの話に興味と理解を示してくれたのは、たったの二人で、何れも自営業だ。

飲食店、健康食品のお店を30年間、続けている。その内の一人は中学校の同期生で、

一口100万円参加している。

その彼でも値上がりを期待しても、今のところ、このシステムの将来を理解する事はないようだ。

無理もないと思う。今の自分は、自分でいうと眉唾物だが、ホリエモンの書物を読んでその

内容についてバシバシわかるレベルなのだ。彼も口酸っぱくいうのだが、人は行動しないものだと?

その通り、先ずは動くことだと思う。僕は、いわゆる民泊というものを昨年始めた。

この民泊を通じて、ネットワークの構築と活用、インバウンド客人とのやり取り、為替の不便さを知ることにより、仮想通貨の必然性を知ることができたものだ。

必然かな、僕の行動は、アヤカリゾートのシステム構築の方向に向かっている。

お金儲けだけの目的より、僕の知的好奇心を刺激してくれるこのシステムの構築が、人生の楽

しみとなって来ているようだ?