民泊経営者にとっては願ってもないことだ。

僕の民泊が好調なわけの一つには、
顧客からの質問等に対して、素早く
応答が出来る事だと思うのだ。
airbnbのオーナーに対する評価の
ひとつに、ゲストの問い合わせに
1時間以内に対応することとして
いる。
僕の場合、ほぼ100%の反応示す
事が出来る。
ゲストの中には、予約時のときの
連絡にこのサイトをメールとして
使いきれていない方が、結構いる。
チェックイン時間や近場に来たときに
こまめに連絡をしたいが、これが
ゲストと上手く出来ない場合がある。
日本人でもこのサイトの予約を自在に
使いこなす方は少ないが、日本人は、
電話で即、やりとり出来るので
問題はない。
しかし、インバウンド客は国際電話、
言葉の壁もあり、これはツールと
して使えない。
ラインで台湾、韓国は繋がり、実際に
活用したこともある。
中国のウイチャットも検討していた
ところ、このニュースが飛び込んで
きた。
これが活用できたら、民泊は超便利と
なるものだ。
LINEとFacebookメッセンジャー、WeChatなど、異なるSNS同士でもつながれる。しかも、同時に100言語以上で会話ができるという、一見“夢のような”ツール「kotozna chat(ことつなチャット)」が9月18日にサービスを始めた。
上記のSNSに加え、10月にはカカオトークも対応予定。さらにヨーロッパ・アメリカを中心に広がるWhatsAppにも対応できるよう準備を進めている。翻訳はGoogle翻訳を使い、100言語以上に対応している。

使い慣れたSNSで母国語で会話が可能

ことつなチャットの使い方は、ユーザーが会話をしたい相手の専用QRコード(※)をスキャンする。すると、自分が使用する言語とSNSの選択画面が表示される。それぞれを選択すると、SNSの画面に遷移し、相手との会話を始められる。