2018年の回顧

今年学んだこと、実践したこと。そして今後?

その一
宿泊業は、そこそこに面白いし、儲かる事業だが、それはソコソコの範囲でやるのが良い。

その二
ネットの経費は必要最小限とし、断捨離に努めた。
ブログ、Facebook、LINEでの発信は今後止めることとした。あくまでも必要な情報の入手と利用することとしたので、今年をもってブログの発信は終わりとする。
それによって貴重な時間が節約できるはずだ。

その三
株の投資は、これまですることはなかったが、LINEの簡易な操作でできるようになったので
資産の分散としてLINEのスマート投資を始めることとした。

その四
会社は一人で経営しなさいという持論に協賛し、実行することとした。

その五
「頭に来てもアホとは戦うな」の著者の指摘の通り、しいて考えの違う意見には、尊重はしても付き合うお人好しはよしとしないことにした。

その六
仮想通貨(暗号通貨)は、投資目的ではなく、あくまでも決済のいち手段となる段階で参加する。

その七
アヤカリゾートの投資を通じてのみ
投資の手段とすることとし、少額に留めることにする。

その八
健康法を体現する努力を怠らないこと。

終わりに、2019年は、これまでの努力の果実を得て、それ以上を求めず小欲に努める。
クニの未来のことを予測しても、個人の生活にはあまり意味がない。それよりも1メートル先、10メートル先、100、1000メートル先の自分や子供、孫のことに対して、僕として、先手を打つことが出来ることを考えることが大事であることは、いまさら言うまでもない。それが、
僕の生きる楽しみでもある。
終わり、さようなら👋。