ニュースピックに投稿しました。

「出身出世して故郷に錦を飾る」が親孝行の証しと頑なに信じ、離島という情報難民から粉骨砕身したが、その間に父、母親は他界して、僕の結果を知るよしもない。思えば、これは僕の一人よがりであったことに気付いている。世の中は、様変わりして年金や働き方も変わっていく。しかし、この変化は30年前から指摘された事であり、個人的には、その為の対応はしてきた。然し、今でも相変わらず旧い概念「…ねばならない」に縛られているのは、昭和に限らず平成生まれの人間にも多いように見受けられる。ヒロシの、この旧い概念から離脱し、思考を自由にしようと言う主張に今更ながら共感する。自分の遠い未来、将来を完全に予測することはできないが、目の前のなすべきことの一歩前を行動することと、自分にとって100メートル、1000メートル先の世の中は、誰でも見えるのであるから、それを頼りに前に進むことは難しいことではない。問題はそれさえも見ない、考えない、行動しないとならない思考の持ち主とならないよう、こういった方の本にも折に触れていきたいものだ。

翻訳機とアプリの翻訳は、どちらに軍配?

台湾のゲストが、テレビ広告で見たことのある翻訳機を取り出して会話をしてきた。

会話はスムーズとは言えなかった。

そこで、オーナーの僕は、つかいなれた翻訳アプリでスムーズに対応した。

翻訳機の性能が悪いのではなく、会話する側が、主語や述語を正しく使わないことが原因であることは分かっている。

日常的な会話は、かなり省略されて発される。

翻訳機では文字を見ることがないので、正確な表現であることを意識することが少ないからだ。

僕は、日頃から文章作成してアウトプットしているので、誤訳は、殆ど無い。

翻訳機の値段は2-3万だ。

翻訳アプリは、もちろん無料で会話の内容は記録されているので、過去のやりとりを再利用でき、スピーディーな会話が可能となるのだ。

今回の4名の台湾のゲストは、相変わらず大きなボストンバッグを持ち込んで来ている。

目当ては、ドンキホーテでの爆買いである。

自国で転売すれば、おそらく今回の旅行費用のかなりの足しになることは間違いないはずだ。

4泊42,000円をゲストから現金で受け取り、インバンド様々と頭を深々と下げて部屋を後にした。

何か判らないときは、LINEを通じて、いつでも質問するようにということにしてある。

何れ、このゲストとのLINEの繋がりが、次のビジネスのネタになるはずだ。

そのときは、英語、中国語で発信することになる。もちろん翻訳機能を駆使して‼️

再開について

○ブログ発信は、今年をもって止めることにしたのですが、ワードプレスの有料契約が、既に一年間更新されていた事と、このブログを来訪する者も少なからずいたので、ブログ発信を再開することとした。

さて、ここ最近、LINEのスマート投資を始めた事を報告する。

株の投資は、過去に不慣れなネットであったため息子に頼って1年程、経験をしたものだが、やはり自分でやりたかったので、LINEのスマート投資が手軽にできるシステムが始まるということで、万を期して始めたものだ。

思ったよりシステムをスムーズに使うことができた。前期高齢者間近の僕としては、自慢したいものだ。

この時大いに役立ったのが以前にイオン銀行に登録していたことだ。

LINEとの手数料の無料提携を使うことができたのだ。

次に、楽天銀行も振込無料手数料で大いに得しているところだが、最近の円高傾向の兆しから

ドル定期預金も魅力的になり、いつでも対応できる準備ができたものだ。

そして次は、ある信頼するドクターが暗号通貨の勉強会の呼びかけを受け、参加することとした。

○心境の変化

宿泊業により、一定の副収入が得られたせいなのか、それともこれまでの勉強により、怪しげな投資の見分けがついたのか判らないが、儲け話に飛び付くことなく平常心が持てるようになった気がするのだ。

この心境の変化は自分としては成長したと感じるものだ。この年齢にして?苦笑い

暗号通貨は、決済としての本来の役割を逸脱して投機のみに先走りしているが、本来の海外送金の決済に活用するように市場が落ち着けば、有力な手段となり得るはずだ。

その為にしっかりと基礎を学ぶべきで、一攫千金という誘惑や邪心から距離が置ける今の僕は平常心が保てるということで、参加することとした。